離婚トラブルで多い慰謝料問題|相談するなら信頼できる弁護士へ

男性

弁護士が必要になったら

事故

世の中、法的に問題を解決しなくてはならない事例が多くあります。そのような時、弁護士にコンタクトを取るには、地域の弁護士会の無料法律相談を受けるのが近道です。また、東京には、弁護士会以外にも、区政や任意団体、個別の事務所が無料法律相談を開いています。

詳細を確認する

ローン問題を解決できる

案内

債務整理の1つに、過払い金返還請求があります。払い過ぎた利息を取り戻せるため、債務残高を圧縮することが可能です。福岡で過払い金返還請求を行う際には、インターネットや弁護士会、司法書士会で相談先を探すようにしましょう。

詳細を確認する

夫婦の話し合い

ハート

これから離婚しようとしている男女が、仲良く話し合いをすることなどできません。2人だけで話し合っても余計に問題を複雑にしてしまう可能性が高いので、弁護士に代理人になってもらう方がよいです。大阪には、離婚問題の対応が得意な弁護士がいますので、相談してみることをおすすめします。

詳細を確認する

別れた夫婦の子供

怒っている女の人

未成年の子供がいる夫婦が別れる場合は、必ず子供の親権者を決める必要があります。結婚している間は夫婦が共同で親権を行使することになっていますが、仲違いして別れてしまった夫婦に仲良く協力し合って親権行使することを求めても無理があります。海外には、離婚後の夫婦の共同親権行使を認めている国もありますが、日本の場合はどちらか一方が親権を持つと法律で決められています。離婚届けの用紙には、親権者をどちらにしたかを記入する欄がありますので、これを決めずに離婚することはできません。ただし、母親が親権者になった場合、子供も自動的に母親の戸籍に入るわけではないことを覚えておく必要があります。夫婦のどちらが親権者になったかに関係なく、子供は父親の戸籍に入ったままになります。苗字も当然そのままになりますので、母親とは別の苗字になってしまいます。ただし、法律で定められている手続きを踏めば、子供を母親の戸籍に入れることができます。

親権者になった母親が、夫の戸籍に入ったままになっている子供を自分の戸籍に移したいと望んでいる場合は、家庭裁判所に申述書を提出しなくてはなりません。一般に、未成年者は単独で有効な法律行為を行うことができないとされているため、親権者となった母親が代理で手続きを取ることができると思い込んでいる人が多いですが、実はそうではありません。子供が満16歳に達している場合は、子供自身が裁判所に申述しなくてはならないことになっています。とはいえ、実際にはどのような手続きを取ればよいのかサッパリわからないという人が大半です。大阪に住んでいる女性が子供の戸籍や苗字のことで困っている場合は、大阪市内に事務所を構えている弁護士に相談してみるとよいです。大阪弁護士会に所属している弁護士はたくさんいますが、どうせ利用するのなら、大阪でも離婚専門弁護士として名の知れている弁護士を利用するようにした方がよいです。離婚問題を専門に取り扱っている弁護士を利用すれば、手続きをスムーズに進められるようになります。

離婚をする上では、離婚の原因となった人が相手に慰謝料を払わなければならなりません。慰謝料についても弁護士に相談することができるため、弁護士を通してお互いで話し合い慰謝料の額を決めるとよいでしょう。

Copyright© 2016 離婚トラブルで多い慰謝料問題|相談するなら信頼できる弁護士へ All Rights Reserved.